アクセス 今月の相談者数 サイトマップ

今回の相談事例

  • HOME>
  • 今回の相談事例

今回の相談事例

今回の相談事例 定年退職後、フルタイムで再就職を果たし、国民健康保険・市民税滞納の返済計画も立て、家計改善した事例

 

経緯川崎南部地域在住の60代男性。ハローワークで就職活動するも、年齢に見合った案件が少ないため就労出来ずにいた。市政だよりに掲載されていた、高齢者の求人を開拓するしごと応援事業の案内を見て、就労相談で来所。また、家計管理に問題があり、年金の納付期間も未確認であった。国民健康保険料と市民税の滞納があることも判明した。

 

支援内容早期の就職活動として、しごと応援事業を活用して就労先を探し、一か月後、警備業に決まりフルタイムでの就労を開始した。また、その間に年金事務所へ窓口同行をし、納付期間を調べ10年間の納付期間があることが判明したため、短縮年金を申請し、年金が受給出来ることとなった。国民健康保険料と市民税の滞納もあったため、保険年金課、市税事務所の窓口同行をおこない、返済計画を立てた。さらに家計表をつけ収支のバランスを把握できるようにするとともに、モデル家計表の提示をセンターから行い、一か月に使っている必要経費を割り出した。その結果、毎月滞りなく返済出来ている状況になった。

 

現状継続して滞納の返済をおこなっている。警備業にも慣れ、長期間就労が出来ている。一か月の収支のバランスが保たれており、家計改善が果たされた。

 

経済的に苦しい状態であったため早期就労をする必要があり、滞納の詳細を明らかにしたうえで、返済計画を作成することが急務であった。
課題

世帯収入を増やすために、フルタイムで働ける就労先を探す必要があった。また、家計の把握が行われておらず、年金加入期間は不明だったほか、国民健康保険料、市民税の滞納もあった。

支援内容

現在の家計状況を確認するため、督促状や年金手帳などを持参してもらい正確な現状の把握をおこなった。また、しごと応援事業を活用して、フルタイム就労が出来る就労先を探し、求職活動をおこなった。

現状

警備の職場の環境にも慣れ、順調に就労している。併せて受給資格を得た年金収入が得られるようになった。その結果、返済計画どおりに、国民健康保険料、市民税を支払えている。

 

過去の記事

住居確保給付金制度の利用、10年年金の受給権取得、就労決定により、生活が安定した事例
職場でのストレス等により、体調を崩し離職。低家賃住居への転居、体調に配慮した再就職を果たした事例
疾患に配慮ある、環境の良い職場へ就労決定し、債務返済にも目途が立った事例
高齢ながら就労決定し、総額300万円の債務から家計が安定した事例
昼夜逆転でひきこもりがちな生活から、自立した生活に向けて歩み始めた事例
父親がセンターでの相談を経て就労決定、本人も昼夜逆転の生活から就労を目指して歩み始めた事例
就労支援員と求人開拓先との信頼関係によりタイミングよく本人の希望にかなう就労に繋がった事例
夫と離婚し、2人の子どもとの新たな生活のために住まいの確保、生計維持に課題のあった事例
就労を希望しているが、2人の子どもに解決すべき課題があり、本人の就労支援を行う前に子どもの課題に取り組んでいる事例
高齢者で年金収入のみでは生計維持困難な状況から、早めの就労決定が必要だった事例

 

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2川崎フロンティアビル5階044-245-5120FAX : 044-2245-0710窓口開設時間:月~金曜日10:00~18:00(ただし、祝日・年末年始を除く)お問い合わせはこちらから
PAGE TOP